日盤カレンダー

年末ということで、日盤カレンダーをつくってみました。

日盤カレンダー

拡大、縮小しても綺麗に表示させるため、SVGを使用して描いています。
サイズが大きいので、縮小してご覧ください。

また、次の計算ページにおいても、表示する盤をSVGを利用して表示するように変更しました。
暦の計算 年盤一覧 月盤一覧 日盤一覧

土用

7月です。土用がありますね。最近になって一般にも土用は1年に4回あるというのが知られてきましたね。

土用は東洋の五行からきています。木火土金水の5つで五行です。
ところが季節(四時しいじ)は4つ。そこで、
木=春、火=夏、金=秋、水=冬
となりますが、行き場がないのが「土」です。この土を季節の変わり目に当てはめました。それが土用です。

「季節の変わり目」ですから、土用は「立」の直前になります。春夏秋冬は太陽の位置によって決まりますから、土用も太陽の位置で確定します。
297°〜立春(315°)
027°〜立夏(45°)
117°〜立秋(135°)
207°〜立冬(225°)
(度数は太陽の視黄経)

さて実際の体感からすると、立夏・夏至というのはまだ我慢できる暑さですが、土用立秋(8月)ぐらいから9月がたまらなく暑いですね。この遅れは地球の大陸や海の性質によるものです。

体感とは別に、気学の上では夏至がピークで、それから土用、立秋へと徐々に下がっていきます。ピークを過ぎているのに更に強いと感じる。おもしろいですね。
これは季節だけでなく人にも言えますね。ピークを過ぎていても自分がピーク(最高)と思っている、これが勘違いのもとになります。

土用の時期は体調がかんばしくないことが多いので、温泉にでもつかってゆっくり過ごすとよいでしょう。

iCalendar形式の十干十二支九星

google calendarにインポートして使用出来ます。.icsファイルです。

ブラウザでgoogleカレンダーを見た場合、十干十二支九星は画像になります。といっても文字を画像にしただけのものです。
ブラウザ以外のgoogleカレンダーと同期できるアプリでは、文字での表示になります。
googleカレンダーにインポートする場合は、新しいカレンダーを作って、それにインポートすると使いやすいです。

*一括でダウンロードするならgithubが便利です。github icalkigakuに行き、「Dowload ZIP」ボタンを押すと良いです

日の十干カレンダー

2001年からスタートしています。(Readdleのカレンダーアプリが2001年からしか動かなかったため)

日の十二支カレンダー

2001年からスタートしています。
画像は3通りに色分けしています。文字の場合はカッコで分けています。なぜそうしているかはセミナーでお伝えします。

日の九星カレンダー

googleカレンダーへのインポートに時間がかかるので、10年単位にファイルを分けました。見たい期間だけインポートしてください。

4200日目での切り替えが2020年6月20日にあります。その点を考慮しています。

二十四節気カレンダー

土用カレンダー

年の十干十二支九星

年の十干十二支九星のプログラミング。

 西暦y>=1以上とします。
十干 = (y+6)%10
 ただし:0=甲, 1=乙,....., 9=癸

十二支 = (y+8)%12
 ただし:0=子,1=丑,...., 11=亥

九星 = 9-(y+7)%9
 ただし: 1=一白水星,2=二黒土星,....9=九紫火星

注意点が一つあります。
九星気学風水では新年のスタートは「立春」です。二十四節気の考えです。正確に言うと、太陽の視黄経が 315°になる”日時”です。天文計算をして出す必要があります。
立春はほぼ2/4ですが、何年かに一度、2/3になったり2/5になったりします。
例えば立春が”2/4 07:00″だとしますと、”2/4 00:00″だと”前年”で、”2/4 08:00″だと年があけています。